ENTRY TITLE

[ネタバレ] いい!シン・ゴジラ!いい!期待した庵野に、完全に答えた庵野

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ。夏の間エアコンの無停止チャレンジ中の@benzoh_wadaです。ダイエットと違って簡単ですね。スイッチを切らなければいいだけなんですって。
奥さんにお願いして見に行って来ました、シン・ゴジラ。いやぁいい!シン・ゴジラ!いい!庵野秀明、くぅ〜!
とうことでネタバレ記事書きます。

勘違いしてた、これはゴジラ第一作目だ

自分ははじめこのシン・ゴジラはゴジラシリーズの続編なんだと思っておりました。
だったら過去のシリーズ見てないと面白くないやんって思っていたわけです。そうではなかった。
これは人類がはじめてゴジラという巨大不明生物と遭遇し、現代に存在する政府、科学、装備で人類生存のためにこの危機をどう乗り越え、どう戦うかの物語。

なるほど、ゴジラ エピソード1を庵野秀明監督が作ったらこうなった。というのが今回のシン・ゴジラである。
いやそらやばいっしょ。

庵野100%

映画そのものはゴジラ100%でした。でも同時に庵野100%でもありました。内容成分の内訳が完全に庵野100%でした。
冒頭から庵野節の嵐。かっこいい言葉がかっこいい演出、音、フォントを使ってたたみかけてくる。
タイトルを聞かされずにこの映画みたとしたら、完全にエヴァの実写版。品質最高。

来た〜!やっぱ庵野だ

  • 明朝体フォント来た〜!
  • 「呼称します。」来た〜!
  • 無駄打ちしまくる戦車大隊来た〜!
  • あのBGM使っちゃった〜!
  • てかヤシマ作戦じゃ〜ん!


ざっくり書いてしまいましたが、そう、もう完全に舞台を変えたヤシマ作戦の回なわけです。実際「ヤシオリ作戦」だったので、たぶんもうこのへんで制作サイドとしては開き直ってるかもね。
なるほどな、ひょっとしたら「こういう風に作ればウケるんでしょ」なんて思ってるかもしれない。
いやそれでいい!それがよかった!自分はそう思います。
期待した庵野映画に、完全に答えた庵野監督だったわけです。

日本政府、自衛隊の底力を見た

もしこれがノンフィクションなら日本が好きになるかも。
この作戦を、この危機を乗り越えた日本政府がほんとうに存在したとしたらめちゃめちゃ頼もしいし、かっこいいよニッポンってなる。
まぁ、中には的外れな連中もいましたが、そこは国民が持ってるイメージからリアリティを出すためには必要不可欠なキャラクター達だったかも。
その中でも、多くの政府関係者また日本全体が一丸となり巨大不明生物襲来という危機を乗り越えるため戦う姿を見て、自分も日本国民の一人として感情移入せざるを得ない演出だった。

フィクションがノンフィクションになっちゃった

オーバーに言えば、フィクションだったエヴァンゲリオンがノンフィクションのゴジラになったと言っていいのではないかと思う。わかるかなこの感覚。ゴジラ自体はまぁロジック(海底の核食ったってやつね)はしっかりあるにしろまだまだフィクションだと思う。
でも、演出なのか、設定なのか、脚本なのか、見てるとマジになってくる。
一日本国民として応援してたかも。

まぁね。「在来線爆弾」とか、「マジかよ、ハハハ」って言っちゃえばそこまでですが、この危機的状況、環境、限られた戦力で戦うとなった場合、そらもうクソまじめなわけですよ。
素直に日本人の知恵ってやっぱすげーなって思ったね。

うん、日本は大丈夫

「Scrap and Build」で、日本は成長してきた

こんな言葉を竹野内豊さんが言ってましたよね。あのモンタージュはずるかった。
そうだわ、日本は(もちろん日本だけじゃないが)いろいろな苦難、危機から復興してきた経験を持っている。またしっかり立ち直れるって、日本は大丈夫、きっとこの危機を乗り越えれるって強い意志を持たせてくれた。

と言いつつご愛敬なところもありましたわな

全然許せるからいいんですけどもね。そんなお行儀良くお口から飲んでくれるかしら。
凍結液を寝てる間にゴジラに注入して倒そうっていう作戦だったのですが、そんなに綺麗にすんじゃうもんかね。
ってね。まぁわかってる範囲でね。
たぶんあの変の展開めっちゃ早かったんでわかっててやったんでしょうな。
じゃないと映画終わんないしね。うんうん、よかったよかった。

はい。
だらだらと一視聴者として、興奮冷めやまぬままだらだらと書いてしまいました。
やーでも、最後気になるよね〜シッポ。
やっぱゴジラは使徒だったんじゃん?第一使徒?え?ええ??
ってな終わり方。
こうゆうとこも庵野節よね。

シン・ゴジラ公式サイト



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
もし、記事を気に入っていただけましたら、「いいね!」 をよろしくお願いいたします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事を表示しています

POPULAR POST人気の記事を表示しています