ENTRY TITLE

少ないSSD・HDDの容量を確保するためにGoogle Driveを使ってみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SSDはまだまだお値段が高いので容量大きいやつは積みにくいですよね。
そこで、あんまり触らない物はネット上のクラウドストレージに預けとこうってお話です。

まずクラウドストレージにもいろいろありますが、なんでGoogle Driveを選択したのか。
たぶんまぁ有名なところで行くとDropboxでしょう。
今回の話のテーマとしてはなんでもいいんですけどね。
経験から、Dropboxのインストール型アプリが重いって印象と、契約プランが極端ってとこですかね。

その他気になる方はいろいろ検索してみて下さい。

で、今回はGoogle Driveです。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

Googleドライブは契約プランがDropboxより小刻みってのがいいです。
100GBのプランがあります。
フリープランでも15GB使えますし。
https://www.google.com/settings/storage

GoogleドライブはGoogleアカウントを持っていればすぐに使えます。
そこが手軽でいいところかもですね。

Googleアカウントってなんだかんだ他のサービスで使ったりしてますから。
Gmail やら YouTube やら、Androidやら。
アカウントをわざわざ作るっていう煩わしさはなかったりします。個人的な意見ですが。

使い方

まずはGoogleドライブのページにアクセスしてログインしましょう。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

img01-10-10-2015-5

あとはアップロードしたいファイルをウィンドウの真ん中あたりに、finderからドラッグアンドドロップするだけです。

新規ボタンを押してフォルダを作ったりも出来ます。
もちろんフォルダごとドラッグアンドドロップでも可能です。

アプリをダウンロードすればローカルと自動的に共有してくれるGoogleドライブのフォルダをfinderに作ることができます。
まぁこれはあくまでローカル環境の容量を使うことになるのであくまで用途にあわせて。

便利な使い方

ネットワーク環境があればどこからでもアクセスして必要な物をダウンロードしたり、アップロードしたり出来ます。
ウェブサービスの醍醐味ですね。

また、任意のファイルを他のGoogleアカウント利用者と共有するとこが出来ます。
もちろん任意の相手だけにです。

わざわざメールなどで大容量のファイルを転送する必要などもありません。

私は、海外に住む姉から子供の写真なんかをいつも共有してもらっています。
大変重宝しています。

まとめ

スマホ用のアプリもありますので、携帯端末からも手軽に利用できます。
またまたせこい話で言えば携帯も容量によって値段がかなりちがってきますよね。
たとえ容量が小さい端末でもクラウドストレージをうまく活用すればなんとかやっていけるんじゃないでしょうか。
ネットワークありきで。

そうそう、携帯で撮った写真をPCに転送するのにも便利ですね。
携帯でクラウドにアップロードして、PCからダウンロードしてくる。
わざわざ線をつないで同期やらしなくていいわけです。

よく言われてることですが、外付けハードドライブをウェブ上でいつでも使えるってのが、醍醐味です。
容量に圧迫されることなくPCもスマホも運用できます。

容量不足にお困りでしたらぜひ使ってみてもいいかも。

ではでは。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事を表示しています

POPULAR POST人気の記事を表示しています