ENTRY TITLE

Webサイトの読み込み速度を改善したい!FlickrをCDNとして使ってみる (1/2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。週末暇を持てあましたあげく久しぶりに記事を書いております。ベンゾウです。サイトの読み込みが遅くて困っています。自分で自分のサイトを見る気がしない。自業自得ですが。てことで、FlickrやCDNを使ったパフォーマンス系のお話です。

CDNとは

CDNとは・・・コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の略で、ウェブコンテンツを配信するのに最適化されたネットワークのことを意味します。 そのサーバーが、代わりに配信することで、負荷が分散され、Webサイトの表示速度の向上にもなる仕組みになります。

今回の意図としてサイトの読み込み速度がめちゃめちゃ遅いのでそいつをなんとかする方法をいろいろ検討しているなかで、CDNに行き当たりました。
よく出てくる無料CDNサービス:「Cloud Flare(クラウド・フレア)」なんかもありますが、SSL接続は有料じゃないと駄目みたいなので今回は却下。
てことで、Flickrです。
そうFlickrならSSL対応可能です。
画像だけでいいやって思えるならFlickrめっちゃ便利かもです。

まずはflickrに素材をアップロード

サインアップまではflickrの手順でやってください。
あとはCDNとして使う際に決まり事として。
共有範囲publicにしておかないと、URLが発行されません。
デフォルトのアップロード設定をpublicにしておくと良いかもです。もしプライベートな写真もアップするようでしたらご注意下さい。

サイトごとにアルバムを分けてやるのがいいかも

サイトを複数運用するとかとなるとアルバムわけしておかないとファイルの整理ができなくなるので事前にわけておくのがいいかもしれないです。
あとはアルバムをディレクトリ代わりにしちゃうのもいいかもしれないですね。

ちょこっと便利

便利なのは、アルバムのディスクリプションにURLを貼れるってとこです。

cdn for <a href="https://www.start30blog.com" rel="nofollow">Start30 Blog</a>

こんな感じで書いといてあげると、

001

CDNとして運用してサイトにリンクできます。
まぁいらんっちゃいらんのですけどね。

ではでは、次は実際に画像をページに表示する作業です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事を表示しています

POPULAR POST人気の記事を表示しています