ENTRY TITLE

【シリーズ】第二回 初心者がPHPでつくる、Webで書道サービス 〜フレームワーク編〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の更新からどれほどの時間がたったでしょうか。タラタラと毎日早起きして作ってました、フレームワーク。それなりに形になったので今回の記事を書くことにしました。
いったいどれだけ最初の仕様から変わってしまったのか楽しみです。

前回の記事はこちら → 【シリーズ】第一回 初心者がPHPでつくる、Webで書道サービス 〜仕様書メモ編〜

まずは、ディレクトリ構造をずらっと。

[code lang=”js”]
index.php
Tappitsu.php
boot.php
config.php
core/
Application.php
ClassLoader.php
Controller.php
Render.php
Request.php
Response.php
Router.php
View.php
include/
download.php
_assets/
style.cssとか
view/
base.php
input.php
tappitsu.php
[/code]
だーいぶ減ってよくわからんのが出てきたんじゃないだろうか。

いろいろ解説

■ index.php
ここでbootを読み込んだりレンダーを動かしたりとかview部分を読み込んだり。

■ Tappitsu.php
Applicationクラスを継承したクラスとしてTappitsuクラスを作っています。
ここではTappitsu.jp独自の関数を定義する場所として使用。
画像生成の関数置いたりとか。

■ boot.php
ここでClassLoaderクラスをインスタンス化して各クラスを読み込みます。

■ config.php
WordPressの真似して定数の設定はここで。
出力するファイル名を設定しておいたり。

■ coreディレクトリ
ここはまぁまぁファイル名のまんまのものを書いてます。
書籍:パーフェクトPHPをご参考。
まぁ、完全に自分なりの書き方をしたのでまったく違うものになってる

■ includeディレクトリ
– download.php
– 生成した画像をダウンロードするアクションをここで指定。

■ _assetsディレクトリ
ここはまんま。
スタイル書いたり。イメージ置いたり。

■ viewディレクトリ
HTMLのはき出しはすべてここで書いてます。

— 補足 —
あ、シェアボタンを設置したかったのでそれも書き足す必要がありました。

さぁ次の問題へ

img01-29-12-2015

前回投稿時から問題になっておりました、フォント問題ですが、もう開き直って自分で書くことにしました。
習字セットをばっちり用意して年が明けることにおびえております。
今年の正月は書き初めで終わりそうです。

はてさて、JIS第一水準の漢字がいくつあるのか調べてみますと、
まぁ、2965文字もあるんですって。
私が用意した半紙は500枚。
これでも多いと思ってましたが、桁が違った。
始める前から挫折した気分です。

ということで、本当に自分でフォントを書くってことを実行に移したなら次の記事は完全にPHPとかプログラムとかじゃなくて、習字の記事になると思います。

まぁ楽しみ!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事を表示しています

POPULAR POST人気の記事を表示しています